住宅ローン審査をするには?

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

住宅ローンの失敗しない選び方とは? 【お得な銀行選びのコツ!】