水通販比較ガイド

水通販している会社があるけど水って売れてるの?

普通の生活を送っていると、蛇口をひねると水が出てくることが当たり前のことだと感じています。

 

しかし、世界を見ると、蛇口をひねって水が出てくることは、とても恵まれていることなのです。

 

さらに、その水が安心な飲み水であることも、非常に恵まれていることなのです。

 

地方によっては、掘っても掘っても水が出ないところもあります。

 

しかしながら、日本でも水道水の状況が変わってきています。

 

一昔前までは、水を通販で購入することなど、考えられませんでした。

 

しかし、日々の生活による生活汚水や農業汚水によって、地下水が汚染され続けています。

 

河川などの水をろ過などをして飲めるような状態にしている浄水場では、日々塩素投入をしています。

 

河川の水の汚染がひどくなれば、投入される塩素の量も増えます。

 

塩素の量が増えると、飲み水に残留する塩素の量も増えます。

 

この残留塩素は、トリハロメタン発生の原因とされていて、残留塩素が多ければ多いほど、その水にはトリハロメタンが多く含まれていると考えられます。

 

トリハロメタンは発がん性を持っています。

 

さらに、飲料水の残留農薬の検査については、国によって検査基準が定められていないため、各浄水場に検査方法はゆだねられています。

 

残留している農薬の総量を検査している浄水場と、していない浄水場があるのです。

 

トリハロメタンは沸騰状態を15分以上継続しなければ取り除くことができません。

 

しかも、トリハロメタンは沸騰したての時が一番発生しやすくなり、3倍にもなってしまいます。

 

しかし、そのことを知らなければ、沸騰したらすぐに火をとめてしまいます。その水を、たとえば赤ちゃんのミルク用の水として利用したりします。

 

近年、このことが問題となり、飲料水として水道水は使わずに、通販などで水を購入する人が増えています。

 

特に乳幼児のいる家庭では、飲料水には気を使っているお母さんが多いのです。


ペットボトルの水を通販している会社選びで注意するところは?

ペットボトルの水を通販している会社は、数え切れないほどあります。

 

その中から、どこの会社が良い・悪いというのは、言い切れないのが、正直なところです。

 

というのも、実はミネラルウォーターの品質基準は、それほど厳しくないという理由があるのです。

 

日本の水道水は、かなり厳しい水質基準があり、日本の水道水は世界一安全だと言われているほどです。

 

蛇口から出る水をそのまま飲める国は、そうそうありません。

 

ですので、実はミネラルウォーターよりも、水道水のほうが安全だという考え方もあります。

 

しかしながら、現在の水道水は、ろ過工程での塩素投入量が増えている傾向にあり、そのために発がん性物質であるトリハロメタンの発生量も増えています。

 

また、カルキ集が強く出るため、特に東京や大阪では、水道水をそのまま飲むことを嫌がる若者が増えています。

 

そのため、ミネラルウォーターへの注目も高まっていますが、ミネラルウォーターの検査基準は、そもそも毎日の生活飲料水として利用することを前提として設けられていません。

 

そのため、飲料水の基準として緩いものになっています。

 

水の種類としては、軟水、硬水などがありますが、国産と外国産では、軟水と硬水が一概に明確な基準で線引きされていないのが実状です。

 

また、ミネラルウォーターでも、実はただの地下水をペットボトルに詰め込んだだけのものもあります。

 

もともとの基準がゆるいために、詳しい検査もされていないものもたくさんあります。

 

実際に発がん性物質が含まれてるミネラルウォーターが販売されていることも明らかになっています。

 

このようなことから、水はペットボトルに入っているから安心・安全ということは決してありません。

 

ただし、水を通販している会社を選ぶ基準として、確かに言えることは、できるだけ国内メーカーを選ぶことです。

 

そして、水質検査を独自の基準で厳しく検査している会社がお勧めです。

 

たとえば、国内ミネラルウォーターシェアが広いサントリーでは、品質へのこだわりとして、水道水の検査基準項目がなのに対し、200項目の検査基準を設けています。

 

このように、厳しい検査をしていることを明確にしている水の通販会社を選ぶことをお勧めします。